いきもの

Gallery2

​茨城の生物の写真を
少しずつUPしていきます。
​どうぞ、お楽しみに。

野山

©風が吹いている。
IMG_9624N2-350.jpg
IMG_9634NN-350.jpg
ミナミヒラタアブとオシロイバナ
アブの体長 9mm前後、花と比べると、その小ささがわかります。
IMG_9645N480.jpg
1454523210_66.jpg
1454523210_47.jpg

ナナフシモドキ
触角が短いから「ナナフシモドキ」で、 長ければ「エダナナフシ」。「ナナフシ」 という昆虫の〝もどき〟ではなく、「節の多い木の枝」の〝もどき〟という意味。 つまり、通称で「ナナフシ」としている昆虫が、 正確には「ナナフシモドキ」なんだとか。・・・・と記憶していたけど、 現在は「ナナフシ」も正式名なのかも。
『山菜と木の実の図鑑/ポプラ社』によると、 モミジイチゴの葉が好物だそう。この写真、まさに「秘密の野イチゴ山」でのモミジイチゴ狩りで撮影しました。

©風が吹いている。
昆虫図鑑nn.jpg

茨城昆虫同好会、茨城生物の会の許可を得

内容の一部をご紹介します。

昆虫図鑑2Lnn.jpg
©茨城昆虫同好会、茨城生物の会

参考図書

昆虫の名前を調べる時には、まずこの図鑑を見てからネットの写真を拡大して確認しています。​ここに載っていない虫を見つけたら新種かも! 

茨城生物の会長の小菅先生のサインをいただき大切に使っています。

『茨城の昆虫生態図鑑』

  編者茨城昆虫同好会、茨城生物の会

​  発行/メイツ出版

  2017年 B6 256P カラー

​  定価/1,980円(税込み)

IMG_8712N.jpg
IMG_8506N.jpg
©風が吹いている。
​ーーつづくーー